系統連係方式

♪武田梨奈さん出演映画「少女は異世界で戦った」アクションアイドル・画像・動画♪

girl13
■♪武田梨奈さん出演映画「少女は異世界で戦った」
■♪元AKB48の加弥乃も出演
♪セクシーな衣装&アイドルにもなる
♪女性4人のノンスタントアクション映画

 

 

いよいよ、2014年9月27日から、新宿バルト9を皮切りに、全国順次公開が予定されている金子監督の映画「少女は異世界で戦った」が上映されるようですね。

この映画の金子監督は「あずみ2」「ゴジラ・モスラ・キングキドラ」など海外でも人気で有名な映画の作品を手掛けている監督でもあり、今回の映画も全世界へ向けて、今の世の中の様々な問題点など映画を通して発信している監督だと感じます。

銃社会・原発・核兵器など、また、3.11の震災なども忘れないメッセージも刻まれている映画の様です。

♪「少女は異世界で戦った」武田梨奈さん出演♪

dangerdoll1・・・レイ(武田梨奈)”リーダー”

i.Dollsのリーダー。冷静沈着・任務遂行のためなら手段を選ばない。剣術の特徴は旧日本軍が採用した両手軍刀術。突撃戦を得意とするために、走りながら斬撃するスタイル。得意技は飛燕(全身をえびぞりしての膝蹴り)

彼女のアクションはキレがあり本当に見ていて気持ちがいいですね。センスあるなぁ。

 

 

dangerdoll2

・・・アリサ(花井瑠美)

熱血の反面悩める乙女・恵まれた体格と極度に柔軟な体が持ち味。剣術はオーソドックスではあるが、柳生新陰流極意であり思想でもある「無刀取り」を追求するアリサは無刀のにおいてはナンバーワン。重くてしなやかな変則的な軌道の蹴り技は驚異である。得意技は炎転(大回転式の踵落とし)

 

 

dangerdoll3・・・マリ(清野菜名)

反逆の天才乙女・火の玉乙女。全身がバネであり、俊敏性と跳躍力は尋常ではない。剣術は片手軍刀術で、かつ逆手で操刀する。得意技は狂猿(木から木へと高速移動する猿がごとく敵から敵へ高い跳躍力で襲いかかり脳天を串刺しにするその姿は恐怖の狂猿そのものである)

 

 

dangerdoll4

・・・ミキ(加弥乃)

甘えん坊・無邪気・逸材。まだまだ発育中でありいずれはアリサの様に肉体的に進化するだろう。剣術は片手軍刀術ではあるが、刀をまるでヌンチャクの様に華麗に操作する。特徴的なのは無刀の体術であり、実戦用ルチャブリレの使い手である。潜在能力は一番であるが、闘争心が薄いため戦士として冷酷になれない。得意技はティヘラ(立っている状態の相手に跳びつき、相手の頭を両手で挟み込み、下半身の力や自分の体が旋回する勢いで両足を使って相手を投げ飛ばす技)

♪元AKB48の加弥乃さんも出演♪

元AKBの最年少メンバーの加弥乃さんも再度アイドルに扮して映画に挑戦。

2007年の11月にAKBを卒業して以来、女優として活躍している加弥乃さん。前田敦子さんや高橋みなみさんと同じ一期生のメンバーだった。一度は芸能活動を休止していたようですが、2013年に金子監督の映画「生贄のジレンマ}に出演し、芸能活動を再開。

今回の映画「少女は異世界で戦った」では、戦士として戦う4人の女性という役とアイドルに扮する役を演じるわけだが、もともと国民的人気アイドルグループに属していただけあって、共演する他の3人(武田梨奈・清野菜名・花井瑠美)は加弥乃さんを参考にしたそうです。

それはそうですね。アイドルの仕草や行動などは彼女を見てマネするのが一番うまくできますね。どんなアイドルを演じてくれるのかがすごく楽しみですね。

♪セクシーな衣装&アイドルになる♪

先述したように、今回の映画「少女は異世界で戦った」では、戦士として生きている世界が「銃も核も存在しない世界」また一方では「銃も核もある世界」の2通りの世界観を描写しているようです。

「銃も核もある世界」いわゆる現実の世界では、アイドルとして生きている主人公4名の女性たち。そのアイドルとしての衣装がなかなかセクシーで男性は注目すること間違いないといわれています。

武田梨奈さんと加弥乃さんの2人は最後まで衣装に対して猛反対を監督に訴えていたそうです。(笑)なかなか見ることのできないセクシーなアイドル達が戦士としても戦うという二つの違った世界の設定。気が付けばいつの間にか異世界を生きているような感覚に陥るように金子監督は制作したようです。

dangerdoll5     こちらが噂の衣装の様です。胸元に目がいってしまうあなた、、、、、

♪女性4人のノンスタントアクション♪

今回の映画「少女は異世界で戦った」に出演する4名の美少女たちは皆がそれぞれアクロバティック的な事を得意とする、これ以上ないメンバーが招集されましたね。

既に知らない方はいないと思いますが、武田梨奈さんは頭突きで瓦割りをするCMで一躍有名になりましたが、かなり以前から女性アクションスターとして数々のアクション映画の主演を務めてますね。

highkick

 

月心流空手2段という肩書を持ち数々の空手の大会で優勝する実力の持ち主の彼女の技のキレは尋常ではありません。
見る人を虜にするオーラーを発していますね。

他に出演する、アリサ役の(花井瑠美さん)も、3歳の頃から元オリンピック選手の下で新体操をはじめ18年間に及ぶ長い選手経験で全日本を2連覇しているようです。

マリ役の(清野菜名さん)も特技として、アクション・バク転・アクロバット・殺陣など。

最後のミキ役を演じる加弥乃さんも、小学生時代からミュージカル「アニー」などに出演する実力者。

今までにない日本の女性アクション映画に挑戦してくれた金子監督。

武田梨奈さんいわく、外国人が求める日本のイメージ・忍者・富士山・刀・温泉・アイドルが詰まっているそうです。また、欧米の女性アクション映画にはないセクシーなだけではなく、女性忍者アクション映画というのが魅力的だそうです。

楽しみですね。9月27日から新宿バルト9にて順次先行公開予定です。押忍♪
http://youtu.be/bjjU9zuuY8s
↓都合があえば来れるそうですが、、忙しいのでまだ未定の様です。

♪9月12日【金】 バルト9にて武田梨奈さん出演トークショー 「少女は異世界で戦った」♪

■イベント概要
日時:9月12日(金)20:00~22:40
場所:新宿バルト9
料金(税込):2,500円+260円(ドリパスのシステム利用料)
ゲスト:金子修介監督、宮島依里(『1999年の夏休み』)、花井瑠美、清野菜名、加弥乃ほか(『少女は異世界で戦った』)
タイムテーブル:
20:00~21:30『1999年の夏休み』上映
21:30~21:50 休憩
21:50~22:40 トークショー

チケット購入&詳細情報:https://www.dreampass.jp/e705

 

今回のバルト9にての武田梨奈さんのトークショーは無事に終わったようです。多忙なスケジュールをうまく調整して、撮影中の青森から東京へと戻ってきたようです。

都内ではここぞとばかりに、沢山のメディアからの取材などを受けていたようですが、早速各方面で話題になっていたようです。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ