系統連係方式

第39回モントリオール世界映画祭に武田梨奈さん・映画「かぐらめ」でカナダへ

今年で 39 回モントリオール世界映画祭。

勝手にグランプリを受賞して欲しいと思っている
映画 「かぐらめ 」に出演した武田梨奈さんらが
故・今井雅之さんの思いと共に
映画祭に出席の為カナダへ!

kagurame123

映画「かぐらめ」(都留市制60周年映画/監督:奥秋泰男 ※2016年公開予定)が第39回モントリオール世界映画祭ファースト・フィルム・ワールド・コンペティションに正式出品されることが決定致しました。
※2015年8月27日~9月7日/カナダ モントリオールにて開催

モントリオール世界映画祭は1977年に開始されたカナダ最古の国際映画祭の1つで、毎年8月にケベック州のモントリオールで開催され、国際映画製作者連盟 (FIAPF)が公認するコンペティション形式の映画祭です。商業作品だけでなく文化や伝統に注目した作品が多く上映される映画祭としても知られています。

この作品には、まだ記憶に新しい今年の5月に
大腸がんの為に亡くなられた、今井雅之さんも
出演しています。

Sponsored Link


これが彼の遺作ともなっていますね。

imaiwithrina

 同作は富士山麓の小さな町を舞台に、伝統芸能である「獅子神楽」の継承をめぐる親子の葛藤や人間の愛情を描いた作品。幼い頃に母親を亡くし、その最期を看取ることなく獅子神楽を舞っていた父(大杉漣)との間に深い溝を作るヒロイン・菊地秋音を女優の武田梨奈が演じる。今井さんはその父との親友で神楽を保存しようと尽力する男の役で出演している。

今回公開された予告編では、今井さんの出演シーンも登場しており、神楽を舞うことに思い悩むヒロインを励ます姿を見ることができる。

監督の奥秋泰男は、今井さんが亡くなった翌日に、同作の公式Facebookで追悼。「最後の最後まで役者魂を持ち、気概ある記者会見をされていたので、本当に回復してくれるだろうと思っておりましたが、本当に残念です」と悔しさをにじませるとともに、「撮影時には現場を明るくしていただき、また映画人として多くのことを教わりました。本当に感謝しております」と偲んだ。

本当に、今井雅之さん。

男気溢れる人でした。最後の最後まで
舞台を愛し、私たちに勇気をくれましたね。

さて、今回の39回モントリオール国際映画祭では
過去にも数々の賞を日本が受賞しています。

2008 年には 「 おくりびと 」 が最優秀賞、
昨年には、吉永小百合さんが主演している映画
「不思議な岬の物語 」 が
審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞
の2冠を獲得しています。

 

これまでに、武田梨奈さんは
アメリカ映画祭で主演女優賞。
第一回ジャパンアクションアワード
New Wave Award にて最優秀女優賞。
日プロ大賞・新進女優賞などを受賞しています。

今回の武田梨奈さん出演の映画 「 かぐらめ 」も
日本の伝統芸能を描いており、文化の素晴らしさを
通して、人とのつながりを教えてくれる、
そんな映画だと感じます。

 

やっぱり人間は一人では生きていけません。
必ず誰かのお世話になります。

伝統芸能・文化などを通じて生きる事の大切さ、
命の大事さ、、、

涙なくしては見れないですね。

最後に、今井雅之さん、

お疲れ様でした。

合掌

★★★こちらの記事もどうぞ★★★

武田梨奈主演映画・かぐらめ 画像動画獅子神楽・山梨県都留市

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ